評価について

はじめに・留意事項

現状では評価の対象が政治思想についてのみとなっており、経済思想については反映できていません。
これは作成開始当初経済思想の重要性に気づかず、また経済思想についての情報が少ないことが原因です。
更新再開後は、経済思想についても知りえた限りで評価の対象としていきます。

また、記載している各議員の愛国・売国実績は筆者が知りえた範囲内のものであり、記載されている情報が全てではありません。
したがって、各議員の評価は必ずしも正確ではなく、誤差が多少なりとも発生することにも留意ください。
その場合は、掲示板またはツイッターにて情報提供の場を用意しておりますので、ぜひご利用ください。
より多くの情報を収集し、より精度の高い評価ができるよう目指しておりますので、皆様のご協力をお願いします。

格付け・評価方式

格付けはC〜SSS++までの愛国・売国各10段階、合計20段階評価となっています。
評価方式は絶対評価の要素も取り入れた相対評価で、愛国・売国各母集団に占める一定の割合(例:愛国度Cなら愛国議員全体の40%)に応じて格付けしています。
格付けと評価の方法は現在目分量ですが、将来的には一定の計算式に基づいて点数を算出する計画です。

階級・配色一覧表

格付け備考
愛国度SSS++売国要素のない議員限定
SSS+
SSS
SS+
SS
S+
S
A
B
C
売国度C
B
A
S
S+
SS
SS+
SSS
SSS+
SSS++

トップに戻る